レビトラの後発医薬品まとめ

ED治療でレビトラのジェネリック利用のメリット

ED治療の際には一時的に勃起を補助するためにED治療薬を利用することが少なくありません。
そうした中で服用から速やかに効果を得たいというような場合に選択されることとなるのがレビトラです。
レビトラは最も有名なED治療薬であるバイアグラと比べても早い段階で効果が実感できるケースが多いため、ピンポイントに薬を利用していというようなニーズを抱えた患者には現状、最適な選択肢であるとされています。
ですがこのレビトラを利用するという際に時折気になるポイントとなるのが「ジェネリック」の存在です。
ジェネリックとは後発医薬品、つまりレビトラに含まれる有効成分の特許が切れたことを受けて作られるようになった他社製のレビトラのようなものです。
ではジェネリックが選択肢として上がってきた際に選択することのメリットにはどういったものがあるのかというと、最も大きいのは費用負担がかなり抑えられるということでしょう。
レビトラに限らずED治療薬は薬価の収載がされておらず、また保険が適用されない自由診療として扱われています。
保険が適用されないということになると通常であれば3割の負担で買える薬を全て自腹で購入するということになるのです。
先発品だと1錠で1000円を超えることが殆どですから、かなり負担は大きいと言えます。
ですがジェネリックであればその価格が格段に抑えられ、物によっては1/10ほどの費用負担で購入できますから費用面では非常に有利であると言えます。
こうした安さがあると「安全性に難があるのでは」と考える人も多いのですが、実際のところ日本国内で流通するジェネリックは全て安全試験を受けた上で流通の可否が決まるようになっています。
もちろん先発品とは含まれる成分が多少異なるためジェネリックを使うことで異なる副作用が出ることもあり得ますが、基本的には安全で、安く購入できる医薬品として考えられるのです。