レビトラの後発医薬品まとめ

レビトラと後発医薬品の価格比較

レビトラの後発医薬品は、レビトラ正規品よりもかなり安いのが特徴です。
後発医薬品とは、正規品(新薬)の成分と製法を倣って製造されているもので、ジェネリック医薬品とも呼ばれています。

新薬は成分の発見からはじめ、様々な研究や臨床試験を得て国の検査に認められたものだけを世に出すことが可能です。そのため、一つの医薬品の開発費用は数千万円から数億円に上るとされています。
販売することで開発費用を回収していきますが、この費用を回収するためには必然的に新薬の薬価をあげなくてはなりません。よって、新薬はどうしても割高になってしまうのです。
対して後発医薬品は開発済みの新薬と同じ成分・製法を利用できるため、開発費用はかなり安く抑えることができます。よって、薬価も安くして世間に提供することが可能なのです。

レビトラのケースで見ると、正規品の価格は1錠で1500円、後発医薬品の価格は1錠100円~200円ほどとされています。
また、正規品を病院で処方してもらう場合は診察代などが含まれ、さらに保険適用外の自由診療なので1錠5000円ほどになることも珍しくありません。そのため後発医薬品を利用している人のほうが多くなっています。

ただ、後発医薬品を利用するにしても一度は病院で診察を受けることがおすすめされています。
というのも、ED治療薬には併用禁忌薬や服薬できない人の条件などがあるため、安全性を考慮して医師の元で使用する必要があるからです。安全性が確認できれば、後は個人輸入で購入して使用しても構わないでしょう。
個人輸入は自己責任でなら行うことができますが、個人輸入にはリスクもあるので、その辺を踏まえて正しい情報を得てから購入するようにしてください。