レビトラの後発医薬品まとめ

脳梗塞経験者ちょびひげ薬局でレビトラ購入時注意

ED治療薬として人気のレビトラは、通常は病院で医師の処方箋なしでは薬局では購入する事が出来ないです。
しかし、個人輸入を利用してレビトラを購入する分には、医師の処方箋なしでも一か月分ならば個人で利用する場合に限り輸入する事が可能となっています。
ちょびひげ薬局でもレビトラなどのED治療薬を取り扱っていますが、購入する際には使用上の注意などをきちんと理解した上で購入する事が大切となります。
ちょびひげ薬局に限った話では無いですが、個人輸入代行業者を通じて薬を個人輸入する場合には、輸入手続きを代わりに行ってくれますがすべて自己責任で扱う事になっています。
ちょびひげ薬局でレビトラを購入したら、使用法を理解せずに使用して起きたトラブルの面倒まで見てはくれないです。
例えば、脳梗塞の経験がある人は、発症後は6ヶ月以上経過している場合は使用しても可能と言われていますが、その事を知らずに脳梗塞を発症してからすぐに服用して万が一トラブルが起きた場合は、全て自己責任という事になります。
脳梗塞以外でも、一緒に服用してはならない併用禁忌薬や血圧などの注意事項はよく確認し、自分自身で誤った使い方をしないように気をつけなければならないです。
ちょびひげ薬局だけに限らずに個人輸入代行業者を介して薬を購入する場合には、事前に十分に情報を集めて理解した上で利用する事が大切です。
よく調べもせずに効果があるというだけで服用し、トラブルが生じてしまったという例もありますので、ろくに調べもせずに安易には服用しない方が良いです。
また、ちょびひげ薬局以外でも個人輸入代行業者を介して薬を購入する時には、正規品をきちんと扱っているかどうかを調べて信頼が出来る業者であるかどうかを見極めてから購入するかどうかを判断した方が良いです。