レビトラの後発医薬品まとめ

レビトラ後発医薬品バリフとは

レビトラとは、ドイツのバイエル社が開発・製造・販売したED治療薬です。世界初のED治療薬であるバイアグラに続き誕生し、バイアグラに比べて即効性があるとして多くの男性が使用しています。

レビトラの後発医薬品にはバリフが存在します。
後発医薬品はジェネリック医薬品とも呼ばれ、開発メーカーではない他の製薬メーカーが新薬と同じ成分・製法で製造する同等の効果を持つ医薬品のことです。

バリフはインドのアジャンタファーマ社が製造・販売しています。
有効成分はレビトラと同じバルデナフィル、20mgのみを製造していますが、ピルカッターで割って10mgにして服薬することも可能です。
用法用量、基本的な効果はレビトラと変わりません。1日1錠まで、性行為の約30分前に服用します。空腹時の服用なら15分~30分で発現し、持続時間は6~10時間です。
バルデナフィルの特徴は水に溶けやすいという点ですので、早く効果が表れてほしいという人に選ばれています。

レビトラに変わり、バリフが選ばれる理由としては価格の安さにあります。
レビトラの価格は1錠1500円ほどなのに対して、バリフの価格は1錠100円~200円ほどです。そのためバリフなら、同じ効果を安く得ることができるでしょう。

安いということで不安に感じる方もいるかもしれませんが、後発医薬品自体が新薬に比べて薬価が安いのが大きな利点です。
新薬の開発には多額の資金がかかるため、その費用を回収するために薬価はどうしても高くなってしまいます。しかし後発医薬品は新薬の成分と製法を利用するだけなので開発費用はかかりません。ここに薬価の差が現れます。
そのため後発医薬品が人気になっているのです。