レビトラの後発医薬品まとめ

レビトラの後発医薬品ってなに?

レビトラはバイアグラに次いで発売した二つ目のED治療薬であり、バイアグラであった食事による影響を解消しつつ、バイアグラよりも短時間で効果が無くなるように設計された薬です。
ED治療薬は効果時間が長い方が良いというわけでもなく、不要なタイミングで勃起をしないでほしいなどのニーズがある場合にはレビトラのピンポイントに使用できるということが大きなメリットになってくれることでしょう。
さて、レビトラが日本国内で認可を受けてから現在で10年以上が経過しているわけですが、それによって薬の成分も特許期間が切れて他社が自由に同様の医薬品を作ることが出来るようになりました。
そうした興発医薬品はジェネリックとしても呼ばれているのですが、現在レビトラのジェネリックとて展開されているもので特に有名なものにはタダシップという薬があります。
タダシップはレビトラに含まれる有効成分であるタダラフィルを使用したジェネリックであり、インドのシプラ社が製造販売しています。
含まれる成分が同じであるため効果もレビトラとほとんど同じであり、かつジェネリックであるために価格が安いという特徴を有しています。
またタダシップ以外だとメガリスやジェビトラ、エキシラーやタダソフトなどが現在販売されていますから、ジェネリックを利用したいという場合にはこれらから一つを選んで利用していくことになるでしょう。
いずれにせよレビトラと有効成分が同様であるために同じ効果が安い価格で見込めるということになりますので、必要に応じてインターネット通販で購入したり、普段EDを治療してもらっている医師や薬剤師にジェネリックの処方を希望するなどしてみると良いでしょう。
■ED治療ナビ
ED治療ができる福岡県の病院
■他人にバレずに通販で購入する
シアリス 通販